ソーシャルリスニングとは?導入メリットや成功までのフロー、おすすめのツールを解説!

Meltwater[ sponsored ]

市場ニーズに合ったマーケティング戦略をするには、顧客の本音を理解しておくことが欠かせません。ソーシャルリスニングをして顧客が発信する情報を収集できれば、ニーズを正しく理解できる可能性が高まります。

「そもそもソーシャルリスニングとは?」
「ソーシャルリスニングを成功させられるイメージがない…」
「導入に便利なツールを知りたい…」

このような悩みを抱えている事業者に向けて、本記事ではソーシャルリスニングの導入方法や成功までのフローを解説します。ソーシャルリスニング導入のメリットや役立つツールにも触れるので、お役立てください。

ソーシャルリスニングとは

ソーシャルリスニングとは

ソーシャルリスニングとは、Twitter・Facebook・Instagramなど各種SNSに投稿される内容を分析し、顧客や市場の「本音」を探る手法です。自社の商品・サービスを実際に利用した人の体験やリアルな口コミを収集できるため、今後のマーケティングや販売戦略に活かせます。

SNSを当たり前に活用する時代になりつつある昨今、顧客の情報発信力が強くなっています。また、トレンドの変遷が激しく、スピーディーなマーケティング施策が求められるようになりました。

確度の高い戦略立案と素早い意思決定を支えるための手法として、ソーシャルリスニングのニーズが拡大しています。

ソーシャルリスニングを導入するメリット

ソーシャルリスニングを導入するメリット

まずは、ソーシャルリスニングを導入するメリットを解説します。なぜ多くの企業がソーシャルリスニングに力を入れているのか、理由を探ってみましょう。

口コミ・評判など生の声を聞ける

顧客アンケートや店頭によるヒアリングなど、販売者に直接声が届く場では言いづらい生の口コミ・評判を収集できます。何を気に入ってリピートしてくれているのか、反対に何が不満で離脱してしまったのか、原因を探りたいときにおすすめです。

多様化・複雑化した消費者ニーズを可視化できる

消費者ニーズが多様化・複雑化している昨今、自社では気づけないニーズを知るきっかけになるのがソーシャルリスニングです。思わぬ声から開発のヒントが見つかることも多く、顧客に響く戦略を叶えやすくなります。

プロモーション施策の効果検証ができる

プロモーション施策の前後でどう市場の反応が変わっているかモニタリングできるので、効果検証にも最適です。また、炎上リスクのあるプロモーション施策の特徴なども可視化でき、リスク対策に役立つという声もあります。

ソーシャルリスニングを成功させるフロー

ソーシャルリスニングを成功させるフロー

次に、ソーシャルリスニングを成功させるフローを解説します。ただSNSのタイムラインを眺めているだけでは効果的な情報収集ができない可能性が高いので、下記の手順で進めていきましょう。

調査したい項目や目的を明確にする

まずは調査したい項目・目的を明確にします。どの商品・サービスに関する口コミを収集したいのか、もしくはブランドイメージを調査したいのか、競合他社の商品が人気を集めている理由を知りたいのか…など、目的を可視化しておくことが大切です。

初期段階で目的を明確にできなかった場合、どうしても手探りでのソーシャルリスニングになってしまいがち。必要でない情報まで収集して分析に手間と時間がかかるなど、思わぬデメリットもあるので注意しましょう。

調査対象プラットフォームを選定する

Twitter・Facebook・Instagramなどの主要SNSや、YouTubeやTik Tokなど動画投稿サイトなど、調査対象プラットフォームを選定します。

例えば、Instagramは若年層や女性のユーザーが多いのが特徴です。Twitterは幅広い年齢層が利用しており、文字情報が多いためビジネス向けセミナーの集客などにも向いています。Facebookもビジネス利用者が多く、実名登録が前提であるため人の輪がつながりやすいSNSとして広がりました。

まずは調査対象に合ったプラットフォームを選定し、情報の集めやすさを重視することがポイントです。

キーワードを選定しデータ収集する

検索キーワードを選定し、データを収集するフェーズに移ります。商品名だけでなく関連キーワードで検索するなど、対策しましょう。プラットフォームの選定と同じく、収集できる情報量を大きく左右するポイントです。

なお、実際のデータ収集にはツールの活用が便利です。手作業で実行することも物理的に不可能ではないものの、キーワードを入力して該当する投稿をコピー&ペーストしていく、など膨大な作業量が要されます。ツールを使えば収集作業を自動化できるのでおすすめです。

データ分析・数値分析をする

投稿量やユーザー属性に関する数値分析をする他、内容に応じてポジティブかネガティブかニュートラルかなど細分化しながら分類します。数値分析は市場全体のニーズや注目度を測る指標になりやすく、マーケティング戦略の立案に役立ちます。また、内容の分類をすることで具体的なニーズを可視化できるため、より確度の高い施策にしたいときに役立てましょう。

その他、アカウント分析やセグメント分析を実施する企業も増えています。ツールを使えば情報収集から分析まで実施できるので、検討してみましょう。

課題解決施策や次回のプロモーションを考案する

分析によって判明した課題を解決するため、具体的な施策を考案します。新商品の開発・既存商品のリニューアル・プロモーション施策の見直し・ターゲットの変更など、考えられる案はさまざまです。

また、定期的にPDCAサイクルを回すため、その後もソーシャルリスニングを継続するのが理想です。施策実施前後で市場の反応がどう変わったか可視化し、更に次の施策をブラッシュアップするのに役立てましょう。

ソーシャルリスニングにおすすめのツール「Meltwater」

ソーシャルリスニングにおすすめのツール「Meltwater」

ソーシャルリスニングの工数を省きながら最大限の情報収集・分析をしたい方には、Meltwaterがおすすめです。Meltwaterはメディアモニタリングツールのひとつであり、各種SNSだけでなく口コミサイト・テレビ・ラジオ・雑誌など各種メディアの分析に強みがあります。

【Meltwaterの主要機能】

  • 広範囲なメディアモニタリング
  • 主要15SNSを対象とした>ソーシャルリスニング
  • インフルエンサーの一元管理
  • エンゲージメント調査
  • 消費者インサイト
  • メディアデータベース管理
  • プレスリリース配信
  • eラーニング「Meltwaterアカデミー」を活用したスキルアップ

ただSNS上の情報を収集するだけでなく、情報分析やユーザーとのコミュニケーションにも役立つツールをお探しの場合に向いています。多機能型のソーシャルリスニングツールなので、戦略やアイディアのヒントが見つかるかもしれません。

まとめ|ソーシャルリスニングには専用ツールの導入がおすすめ!

ソーシャルリスニングは顧客の本音やリアルな口コミ・評判を知るための手法であり、SNS時代と言われている近年特にニーズが拡大しているのが特徴です。市場に受け入れられる商品・サービスの開発やプロモーションができれば、売上の拡大にも認知度の向上にも貢献するでしょう。

効果的かつ効率よくソーシャルリスニングをしたいときは、専用のツールを導入するのがおすすめです。Meltwaterではさまざまな業種で導入実績があるので、気になる方はMeltwaterの公式サイトからお問い合わせください。