Microsoft 365にログインする方法とは?ログインできなかったときの対処方法も解説

DISITOR編集部

Microsoftが提供しているサブスクリプションサービス「Microsoft 365」のアプリケーションを利用したり、管理画面にアクセスするには、最初に設定したメールアドレスとパスワードを使ってログインしなければなりません。

ログインの手順自体は難しいものではありませんが、
「どうやって使い始めればいいのか分からない」
と感じている方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は、Microsoft 365を使い始める手順やログインの仕方を解説します。

利用するプランが決まったら申し込みをする

Microsoft 365には、一般家庭や企業向けのプランだけでなく、大企業向けのものや行政、教育法人向けのプランなども用意されています。
よって、まずは利用するプランを選ぶことが大切です。

料金プランについては以下の記事で解説しています。

利用するプランが選べたら、料金プラン一覧にある「今すぐ購入」をクリック。

すると以下のような画面が表示されます。

まず、Microsoftのアカウントを作成する必要があるかどうかをチェックする必要があるので、メールアドレスを入力します。

新しいアカウントを作成する必要がある場合、「新しいアカウントを作成する必要があるようです。」と表示されるので、「アカウントのセットアップ」をクリック。

氏名や勤務先等の情報を入力して、「次へ」をクリックすると、入力した電話番号で一度本人確認が行われます。
本人確認が完了したら、サインインする方法や支払い方法を設定します。
最後に画面の案内に従って登録を進めれば完了です。

登録が完了したら、Officeのアプリケーションをインストールします。

Microsoft365にログインするには

Microsoft365にログインする方法は2つあります。
そこでここでは、ログイン方法をそれぞれ解説します。

Web上でログインする

まず1つ目が、Webでログインする方法です。
主に、Web版Office(オンラインで利用するWordやExcelなど)を利用する際に行われます。

WebからMicrosoft365にログインするには、まず以下のURLにアクセスします。

▷Microsoftのサインインページはこちら

アカウントを作成した際に設定したメールアドレスを入力して、「次へ」をクリック。
パスワードを入力すると、Officeのホーム画面が表示されログインが完了しました。

Officeのアプリケーションでログインする

2つ目が、WordやExcelといったOfficeのアプリケーションでログインする方法です。
インストールしたOfficeのアプリケーションを使用するには、ログインが必要です。

[Windows]
まず、Officeのアプリケーションを立ち上げて「ファイル」→「アカウント」をクリックして、「サインイン」を選択。
メールアドレスを入力する画面が表示されるのでアカウントを作成した際に設定したメールアドレスを入力します。

「次へ」をクリックすると、パスワードを入力する画面に遷移するので、パスワードを入力。
これでログインが完了です。

[Mac]
Officeのアプリケーションを立ち上げ、左上にある「サインイン」をクリック。

Windowsの時と同じように、メールアドレスを入力する画面が表示されるのでアドレスを入力。

「次へ」をクリックするとパスワード入力画面が表示されます。
そのままパスワードを入力すれば完了です。

[iOS/Android]
iOSやAndroidの場合は、Officeのアプリケーションを立ち上げて、アカウント画面のサインインをクリック。
メールアドレスとパスワードを入力すればログインが完了です。

Microsoft365の管理画面にログインする方法

Microsoft365を利用している場合、ライセンス等を管理するには管理画面にアクセスして、ログインする必要があります。

管理画面を開くには、以下のURLをクリック。
▷Microsoft365の管理画面はこちら

Web上でログインする場合やOfficeのアプリケーションでログインする場合と同様、メールアドレスとパスワードを入力。 ログインできたら左上をクリック。

管理者アカウントでログインしている場合、メニューにある「管理」というアイコンをクリックすると、管理画面を開くことができます。

Microsoft 365にログインするには設定したメールアドレスとパスワードが必要

Microsoft365にログインするには、アカウントを作成した際に設定したメールアドレスとパスワードが欠かせません。 アカウントを作成した際、あらかじめメモを残しておきましょう。

また、基本的にログインの方法はどれも変わりませんが、使用するデバイスによって操作方法が異なる場合があります。
今回は、それぞれのデバイスでログインする方法も詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。