Microsoft365とは?料金や内容をわかりやすく徹底解説

DISITOR編集部

Microsoftが提供しているサービスの1つに「Microsoft365」というものがあるのをご存知でしょうか?

Microsoft365とは、Microsoftのサブスクリプションサービスの1つで、導入することでWordやExcelといったアプリケーションはもちろん、マイクロソフトが提供しているクラウド型のグループウェアを利用することが可能です。

今回は、Microsoft365が一体どんなサービスなのか、利用することでどんなメリットがあるのかなどを解説します。

Microsoftのサブスクリプションサービス「Microsoft365」

先述したようにMicrosoft365とは、Microsoftが提供しているサブスクリプションサービス(利用する期間に応じて料金が発生する定額制サービスのこと)です。現在はMicrosoft365と呼ばれていますが、office365という名前でした。

契約すると、WordやExcel、PowerPointをはじめ、Microsoftが提供している全てのアプリケーションを利用することができます。

よって、コミュニケーションツールであるMicrosoft Teamsや、MicrosoftのクラウドサービスであるExchange Onlineなども利用することができます。

Microsoft365が持つ5つの特徴

では、Microsoft365にはどのような特徴があるのでしょうか。
ここでは、Microsoft365が持つ特徴をいくつか解説します。

最新のOffice製品を利用できる

1つ目に挙げられるのが、最新のOffice製品を利用できる点です。
WordやExcelなどのアプリケーションを個別でインストールした場合、Word2016やExcel2016のようにバージョンが決まってしまっています。

しかし、Microsoft365であれば常に最新バージョンのWordやExcelを利用することが可能です。

利用している限りサポートが受けられる

アプリケーションを利用する上で、提供元からのサポートを受けられるかどうかとても重要です。
サポートを受けられなくなってしまうと、不具合が起きても対処してもらえなかったり、OSによってはアプリケーションが使用できなくなってしまったりすることも考えられます。

しかし、Microsoft365にはその心配がありません。
先述したように、サブスクリプションを利用している限り、Microsoftからのサポートを受け続けることができます。

利用できるデバイスの数が多い

Microsoft365では、1つのライセンスにつき5台のデバイスで利用することが可能です。
例えば、1つのライセンスを契約して、Aさんのパソコン・Bさんのパソコン・Cさんのスマートフォン・Dさんのスマートフォン・Eさんのタブレットでライセンスを共有するといったことができるのです。

もちろん、デバイスのOSは問わないので、WindowsOSはもちろん、MacOSでも認証は可能です。

ライセンスを楽に管理できる

Microsoft365では、複数のライセンスを契約していても全て1つの管理画面で管理することが可能です。
どのパソコン・スマートフォンにどのライセンスが付与されているのかがわかりやすくなっているので、ライセンスの管理に負担がかかりません。

Web版Officeが利用できる

Officeのアプリケーションはデバイスにインストールして使用するのが一般的ですが、MicrosoftはWeb版Officeの提供も行っており、WordやExcelといったアプリケーションをWeb上で使用することも可能となっています。

Microsoft365のプランのほとんどでは、Web版Officeも利用できるようになっているので、Microsoftのクラウド上でWordやExcelを使うことができます。

Microsoft OfficeとMicrosoft365の違い

Microsoftは様々なサービスを提供しており、「Microsoft365は何が違うの?」と混乱される方も多いかと思います。 その中でも特に混同しがちなのがMicrosoft Officeです。

Microsoft Officeとは、ビジネスで利用する頻度が高いWord・Excel・PowerPoint・Access・Outlookといったアプリケーションの総称です。Office2016やOffice2019などいくつかバージョンがあり、最初にパッケージ費用を払ってパソコンにインストールすれば、月額費用なしで永久的に利用できます。
いわゆる「買い切り型」と呼ばれており、一般家庭で使用される際に利用されることが多いです。

Microsoft OfficeとMicrosoft365の違いは料金形態だけではありません。
Microsoft365ではサポート期間に期限がなく、利用している限りMicrosoftのサポートが受けられますが、Microsoft Officeではサポート期間が明確に決められています。

また、Microsoft365はライセンス認証が5台まで可能ですが、Microsoft Officeでは2台までしか認められていません。

このように、Microsoft OfficeとMicrosoft365では料金やサービス内容にかなり違いがあり、Microsoft365の方が充実しています。

Microsoft365がおすすめなケース

では、Microsoft365はどういった場合におすすめなのでしょうか。

企業でMicrosoftのアプリケーションを利用する場合

まず、挙げられるのが企業で利用する場合です。
WordやExcelといったアプリケーションは企業でも頻繁に使われることが多く、いちいち最新バージョンに更新するのは手間がかかりますよね。

また、サポート期間に期限があると、以降業務に必要なアプリケーションを利用できなくなってしまうことも考えられます。

よって、企業でWordやExcelといったアプリケーションを利用したい場合は、Microsoft365を導入するのがおすすめです。

フリーランスの方がMicrosoft365を利用する場合

Microsoft365がおすすめなのは、企業で利用する場合だけではありません。
企業に属さずに働いている方にもMicrosoft365はおすすめです。

学校や自治体にMicrosoftのアプリケーションを導入したい場合

Microsoftのアプリケーションが必要となるのはビジネスだけではありません。
学校や自治体でもMicrosoftのアプリケーションを利用する機会は多いでしょう。

こういった場合にもMicrosoft365はおすすめです。

Microsoft365の料金プラン

Microsoft365には幾つかプランがあり、それぞれ内容や金額が異なります。
ここでは、Microsoft365の料金プランの一部を解説します。

なお、どのプランにも1TBのクラウドストレージが付与されています。

もっと他のプランを見てみたいという方は以下の記事を参考にしてみてください。

Microsoft365 Personal

Microsoft365 Personalは、Microsoft365の中でも一般家庭向きのプランです。
ビジネスで利用されることが多いMicrosoft365ですが、一般家庭でも利用できるようプランが用意されています。

1ヶ月あたり1,284円で利用することができ、Word・Excel・PowerPoint・OneNote・Outlook・TeamsといったOfficeアプリケーションや、クラウドストレージであるOneDriveなどを利用することができます。

Microsoft365 Business Basic

Microsoft365 Business Basicはビジネス向けに用意されたMicrosoft365のプランの1つです。

1ヶ月あたり650円で、ウェブ版・モバイル版のWord・Excel・PowerPoint・Teams・Outlook・Exchange・OneDrive・SharePointを利用することが可能です。
また、法人メールが設定できる、最大300人でチャットや通話ができる等の特徴があります。

Microsoft365 Apps for business

Microsoft365 Apps for businessは1ヶ月あたり900円で利用できるプランです。
使えるアプリケーションやサービスはWord・Excel・PowerPoint・Outlook・OneDriveです。Windowsのパソコンの場合はAccessとPublisherも利用できます。

利用できるOfficeのアプリケーションには、全てプレミアム機能が付いています。

Microsoft365 Business Standard

Microsoft365 Business Standardは1ヶ月あたり1,360円で利用できるプランで、法人向けMicrosoft365のプランの中で最もおすすめです。

Word・Excel・PowerPoint・Teams・Outlook・Exchange・OneDrive・SharePointはもちろん、Windowsのパソコンの場合に限りますがAccessとPublisherも利用できる上に、ウェブセミナーを簡単に開催することもできます。

また、法人メールを設定したり、最大300人でチャットや通話を行ったりすることもできます。

Microsoft365 Business Premium

Microsoft365 Business Premiumは1ヶ月あたり2,390円で利用できるプランです。
Microsoft365 Business Standardの特徴に加えて、より高度なセキュリティが備わっており、使い勝手の良さだけでなく、セキュリティ面を重視したい時にぴったりのプランとなっています。

まとめ

Microsoft365は、Microsoftが提供しているサブスクリプションサービスで、WordやExcelといったOfficeアプリケーションの最新版やマイクロソフトが提供しているクラウドストレージを利用することができます。

また、Microsoft365は1つのライセンスにつき5台のデバイスで使用できる、利用している限りサポートが受けられるなど多くのメリットがあります。

さらに、業務形態や企業の規模によって契約プランも選べるのでとても使いやすいです。

ぜひ、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。