法人がMicrosoft365を利用するメリットとは?おすすめプランも解説

DISITOR編集部

企業の中には、「Microsoft365を導入しようかどうか迷っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Microsoft365とは、Microsoftのサブスクリプションサービスの1つでOfficeアプリケーションやMicrosoftのクラウドを利用することができます。

とても便利なサービスですが、料金が発生するので導入するかは慎重に見極めたいと考えている方もいるでしょう。
そこで今回の記事では、Microsoft365を利用するメリットや法人におすすめのプランを解説します。

Microsoft365とはどんなサービス?

Microsoft365とは、WordやExcelといったソフトウェアで知られているMicrosoftが提供しているサービスです。 利用する期間に応じて料金が発生するサブスクリプションサービスとなっており、契約するとMicrosoftが提供しているアプリケーション(Office製品)やクラウドストレージを利用することができます。
しかも、単にソフトウェアを利用できるだけでなく、最新のOfficeを利用できるのも魅力の1つです。

また、ソフトウェアを利用できるだけでなく、セキュリティも備わっているので、安心して使うことができます。

Microsoft365とOffice365の違い

Microsoft365と混同されやすいサービスにOffice365があります。
似たような名前ですが、Office365は、アプリケーションを1つにまとめて提供しているグループウェアサービスです。
Microsoft365でもWordやExcelなどのアプリケーションが1つにまとまっていますが、Microsoftにはアプリケーション以外のサービスも含まれており、利用できるものの幅が広いのはMicrosoft365となっています。

何を利用したいのかでMicrosoft365とOffice365のどちらを利用するか決めると良いでしょう。

法人がMicrosoft365を利用するメリット

法人がMicrosoft365を利用するメリットにはどんなことが挙げられるのでしょうか。
ここでは詳しく解説します。

ライセンス管理が楽にできる

従業員数が多く全員がMicrosoftのサービスに登録していると、ライセンスを管理するのが大変です。
誰がどのライセンスを使用しているのかチェックしにくいですし、うっかり更新期限を過ぎてしまうということもあるでしょう。

しかし、Microsoft365であれば管理画面から全てのライセンスがチェックできるので、ライセンス管理がとても楽におこなえます。

サポート終了の心配がない

パッケージ版のOffice製品(Office 2016やOffice 2019)を利用した場合、サポート期限が決まっており、期限を迎えると以降はサポートが受けられなくなってしまいますが、Microsoft365では、あれば料金を支払っている限りサポートを受け続けることができます。
よって、サポートが終了してしまう心配がありません。

1ライセンスで複数のデバイスが使用可能

Microsoft365は、1ライセンス契約するとパソコン・スマホ・タブレットぞれぞれ5台づつMicrosoft365をインストールできます。つまり1ライセンスで最大15台まで利用することができます。

会社のパソコンだけでなく普段持ち歩くタブレットやスマートフォンにもMicrosoft365を導入できるので、外出先でも資料をチェックしたり作成したりすることができます。

最新版のアプリケーションが利用できる

先述したように、Microsoft365では最新版のアプリケーションを利用することができます。
よって、わざわざ新しいWordやExcelを購入せずに済みます。

法人向けプランを選ぶコツ

法人向けプランにはいくつか種類があります。
どのプランが合っているかは幾つかポイントを押さえれば見極めることが可能です。

利用する人数から選ぶ

Microsoft365の法人プランは、中小企業向け・大企業向けの2つに分類されています。
中小企業向けはだいたい従業員が300人以下の企業を想定していて、大企業向けは従業員が300人以上の企業を想定しています。

どのくらいの人数がMicrosoft365を利用するか考えて、300人以下だったら中小企業向けのプラン、300人以上だったら大企業向けのプランを選ぶようにしましょう。

利用目的で選ぶ

次にチェックしたいのがMicrosoft365を利用する目的です。
単にアプリケーションを従業員全員で利用したいだけであれば必要なアプリケーションが揃っているプランで問題ありません。

しかし、「機密文書を扱う機会が多いからセキュリティがしっかりしたものを選びたい」という場合は、Microsoft 365 Business PremiumやMicrosoft 365 E3など高度なセキュリティが備わっているプランを選ぶ必要があります。

また、ワークフローを構築したいのであればSharePointやPower Automateといったサービスが利用できるプランである必要があります。

このように、利用目的に応じて適したサービスが含まれているプランを選びましょう。

Microsoft365法人向けプラン

ここでは、中小企業と大企業に分けて法人向けのプランを解説します。

中小企業向けのプラン

Microsoft 365 Business Basic

金額:1ユーザーあたり650円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・Teams・Outlook・Exchange・OneDrive・SharePoint

内容としては、Web版とモバイル版のOfficeアプリケーションが両方利用できることや法人ドメインのメールアドレスを利用できることが特徴としてあげられます。

また、セキュリティは標準的なレベルのものが備わっている、SharePointがあるのでワークフローを構築できるといったことが挙げられます。

Microsoft 365 Apps for business

金額:1ユーザーあたり900円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・Outlook・OneDrive・Access・Publisher

内容としては、デスクトップ版のOfficeアプリケーションと1TBのクラウドストレージが利用できます。また、アプリケーションにはプレミア機能がついているのが特徴です。 セキュリティのレベルは標準レベルとなっています。

Microsoft 365 Business Standard

金額:1ユーザーあたり1,360円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・Teams・Outlook・OneDrive・SharePoint・Exchange・Access・Publisher

Microsoft 365 Apps for businessの内容に加えて、ウェビナーを開催したり、出席者登録やレポートをまとめるツールがついているなど、企業でセミナーや説明会を開催する機会が多い企業におすすめのサービスが揃っています。
中小企業向けのMicrosoft365プランの中では最もおすすめです。

Microsoft 365 Business Premium

金額:1ユーザーあたり2,390円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・Teams・Outlook・OneDrive・SharePoint・Exchange・Intune・Azure Information Protection

Business Standardの内容に加えて、高度なセキュリティが備わっています。 機密文書を扱う企業やセキュリティを重視している企業にぴったりのプランとなっています。

大企業向けのプラン

ここでは大企業向けのプランを解説します。

Microsoft 365 E3

金額:1ユーザーあたり3,910円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・OneNote・Publisher・Access・Outlook・Exchange・Bookings・Bookings・Stream・Sway・Lists・Forms・Visio・SharePoint・Yammer・Viva コネクション・Planner ・Power Apps・Power Automate・Virtual Agents・To Do

内容としては、ウェブ会議ツール「Teams」や法人のメールアドレスが利用できます。また、予定表や連絡先を1つにまとめておくことも可能です。
セキュリティも十分なものが用意されています。

Microsoft 365 E5

金額:1ユーザーあたり6,200円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・OneNote・Publisher・Access・Outlook・Exchange・Bookings・Bookings・Stream・Sway・Lists・Forms・Visio・SharePoint・Yammer・Viva コネクション・Planner ・Power Apps・Power Automate・Virtual Agents・To Do

非常に高度なセキュリティを備えていたり、機密データが外部に漏れないための仕組みやデータ通信の保護なども充実していたりしています。特にセキュリティに重きを置きたいと考えている企業におすすめです。

Microsoft 365 F3

金額:1ユーザーあたり870円/月
利用できるアプリケーション:Word・Excel・PowerPoint・OneNote・Publisher・Access・Outlook・Exchange・Bookings・Bookings・Stream・Sway・Lists・Forms・Visio・SharePoint・Yammer・Viva コネクション・Planner ・Power Apps・Power Automate・Virtual Agents・To Do

以前はMicrosoft365 F1と呼ばれていたプランで、大企業の中でも特に現場で活躍している方向けのプランです。

Microsoft365は法人におすすめ

Microsoft365を利用することで、ライセンス管理が楽になったり、最新版のOffice製品を利用したりすることができます。また、サポートも利用している限り続くので安心です。

Microsoft365では企業の規模や利用目的にあったものを選べるよう様々なプランをご用意しております。
ぜひ、自社にあったMicrosoft365を利用してみてください。