教育機関向けのGoogle Workspace for Educationとは?料金や機能を徹底解説

DISITOR編集部

Googleが提供しているグールプウェア・Google Workspaceには、学校法人やホームスクールなどを対象とする「Google Workspace for Education」があります。

Google Workspace for Educationは、Gmailやドライブ、ドキュメントといったビジネスにおなじみのアプリケーションに加えて、「Google Classroom」という教育現場に適したアプリケーションが用意されており、企業向けに提供されているプランとは少し違った内容となっています。

「Google Workspace for Educationってどんな内容なの?」
「導入するメリットはあるの?」
など色々と気になることもあるかと思いますので、今回はGoogle Workspace for Educationについて詳しく解説します。

Google Workspace for Educationとは?

Google Workspace for Educationはその名前の通り、Googleが提供しているグループウェアサービス・Google Workspaceの1つです。

ただ、Google Workspaceが企業やフリーランスを対象としたビジネス用のグループウェアなのに対し、Google Workspace for Educationは学校やホームスクールなどを対象としたグループウェアです。

グループウェアとは、業務や作業を効率よく進めるために便利なアプリケーションを1つにまとめたソフトウェアあるいはパッケージのことを指します。
ビジネスの現場で活用されることが多いですが、Google Workspace for Educationのように教育機関で利用するのに適したグループウェアも増えています。

導入することで、
●オンラインで出席確認や課題提出が可能
●生徒が授業で使用するツールを統一できる
●教員から生徒・保護者あるいは教員同士の連絡をスムーズにできる
などのメリットがあります。

Google Workspace for Educationの特徴

Google Workspace for Educationには、Google Workspaceにない特徴がいくつかあります。

学校やホームスクールに適したアプリケーションがある

学校やホームスクール、教育機関を対象としたグループウェアなので、Google Workspace for Educationには、ビジネス用のGoogle Workspaceにはないアプリケーションがあります。

その代表的なものの1つが、教育向け課題管理プラットフォームである「Classroom」です。

Classroomでは、教師が課題を作って生徒に出すことや採点をすること、課題のフィードバックを生徒に返すことがオンライン上でできるので、生徒と教師が離れた場所にいても学習を進めることができます。

オンライン上で課題の提出をするので提出の有無や進捗の管理がしやすく、一目で生徒の学習の進め度合いを確認できるのもClassroomならではのメリットです。

また、授業で使用する教材を共有することや、課題の提出日を生徒が確認できるようにすること、生徒からの質問に答えることなどが可能なので、Classroomを利用することで生徒と教師間のコミュニケーションをスムーズになります。

利用するプランによっては、生徒情報システムからClassroomの名簿に同期するだけで、大規模なクラスを作成・管理することも可能です。

ビジネス活用されるアプリケーションもスクール用になっている

Google Workspace for Educationには「Classroom」以外にも、ビジネス活用される機会が多いGmailやGoogle Meetなどのアプリケーションが備わっていますが、それらのアプリケーションも学校やホームスクールに適した形となっています。

例えば、ビデオ会議用のアプリケーションであるGoogle Meetには教師が話している間、生徒を一斉にミュートにする機能や生徒を個別に退出させる機能が備わっており、スムーズな従業が行えるよう機能が追加されています。
また、Google Meetには従業内容をGoogleドライブに記録する機能などが備わっており、出席できなかった生徒が後か授業に追いつけるような配慮もされています。

他にも、アンケートに活用できるGoogleフォームでは小テストが作成できます。
文章だけでなく図などを使った小テストが作れるので、プリントを各家庭に届ける必要がありません。
もちろん、Googleフォームは小テストを作成するだけでなく、保護者や生徒への校内アンケートを作るツールとしても活用可能です。

利用資格が存在する

Google Workspaceは基本的に利用資格がありませんでしたが、Google Workspace for Educationには利用資格があり、政府から認可を受けた教育機関でなければ利用することができません。

例えば、政府が認定している幼稚園や小・中学校、高校や大学では利用することができますが、士官学校や自動車学校、大学の学生団体などはGoogle Workspace for Educationの利用資格がありません。

ただ、Google Workspace for Educationの利用資格がなくても、ビジネスに活用されるGoogle Workspaceであれば利用できるので、導入する場合はGoogle Workspaceの各プランをご確認ください。

Google Workspace for Educationで利用できるアプリケーション

Google Workspace for Educationでは、Classroomをはじめ、GmailやGoogleドライブなど色々なアプリケーションを活用することができます。
ここでは代表的なアプリケーションと簡単な活用方法を紹介します。

Classroom

Classroomは、生徒に課題を出したり、採点・フィードバックを行ったりできるアプリケーションで、教師と生徒が離れた場所にいても効率的に学習を進めることができるメリットがあります。

カレンダーやドキュメントなど他のアプリケーションとの連携が可能なので、課題を出すだけでなくカレンダーに提出期限を登録したり、Gmailで情報共有することも可能です。

Google Meet

ビデオ会議アプリケーションであるGoogle Meetを使って、オンライン授業を行うことができます。
Google Workspace for Educationでは、生徒が後から見返せるよう録画をドライブに保存する機能や挙手機能、出欠状況を確認できる機能などが備わっており、オンライン授業に効果的です。

Gmail

「@gmail.com」でおなじみのメールアプリケーションGmail。
保護者への連絡事項を送信する、教師間でのやり取りをするなど、コミュニケーションツールとして活用することができます。

Google ドライブ

Googleドライブではクラウド上で文章や表計算シートなどを管理するだけでなく、ドキュメントやスプレッドシート、スライドなどを作成・共有することができるので、教師が課題を作成して生徒たちに共有したり、生徒が取り組んだ課題を教師に共有したりできます。

また、自宅学習に効果的なだけでな,同時に編集できることから生徒同士での協働学習にも活用が可能です。

Google フォーム

アンケートを作成できるGoogleフォームでは、保護者や生徒に向けた校内アンケートを作成できるだけでなく、小テストや課題に活用することができます。
フォームでは選択問題が作れるだけでなく、自由に記述する欄が設置できるので、様々なタイプのテストや課題が作成可能です。

Google フォームを活用することで、プリントを作成する時間が削減できるので、教師側の時間短縮にもなります。

Googleカレンダー

Google Workspace for EducationのGoogleカレンダーは、ClassroomやGoogle Meet など他のアプリケーションと連動しているので、課題の提出期限をカレンダーに設定したり、行事の日程や授業の時間割を生徒に共有することが可能です。

Google Workspace for Educationを利用するメリット

Google Workspace for Educationを利用する最大のメリットは、オンラインでの授業がスムーズになる点です。

Google Workspace for Educationを導入することで、生徒やその保護者とのコミュニケーションがしやすくなる上、課題などの管理がパソコン1つでできます。
また、オンラインで教材や小テストなどを作成できるので、印刷をする手間や生徒1人1人に配る手間がかかりません。

効率よくかつ円滑にオンライン授業を行えるので、特に登校が難しくなったコロナ禍においてはとても役立ちます。

オンラインでの授業がスムーズになる

Google Workspace for Educationはホームスクールだけでなく、政府が認めている教育機関でも使われるため、高度なセキュリティ機能が備わっています。
例えば、
●セキュリティセンターによって情報が漏れないよう管理をする
●HTTPS接続で常に暗号化する
などを行って、個人情報や学内の情報が外に漏えいしないよう、様々な機能が用意されています。

セキュリティが万全なのでどんな場所でも活用できる

Google Workspace for Educationではどの料金プランでも、1組織にあたり100TBのストレージ(=100000GB)が用意されています。

十分な量のストレージが確保されているうえ、1ユーザーあたり〇〇GBという制限がないので、生徒個人のストレージ量がいっぱいになってしまうということを防ぎます。

組織全体で100TBのストレージが用意されている

Google Workspace for Educationではどの料金プランでも、1組織にあたり100TBのストレージ(=100000GB)が用意されています。

十分な量のストレージが確保されているうえ、1ユーザーあたり〇〇GBという制限がないので、生徒個人のストレージ量がいっぱいになってしまうということを防ぎます。

アプリケーションが直感的に使える

Google Workspaceで提供されているアプリケーションは全てシンプルな設計になっているので、これまでGoogleのアプリケーションを使ったことがない方でも使いやすいです。
直感的に使えるので、操作に戸惑って課題や授業が進まないといったことになりにくいです。

Google Workspace for Educationの料金

Google Workspace for Educationには4つのプラン(エディション)が用意されており、教育機関の規模によって合うものを選ぶことができます。

Education Fundamentals

Education Fundamentalsは無料で利用できるエディションで、もともとG suite for Educationとして提供されていたものです。

Education FundamentalsのClassroomではどこにいてもオンラインで生徒の課題の進捗状況を評価できる他、クラスごとに5本までレポートを作ることができます。

Education FundamentalsのGoogle Meetは、100人まで参加することが可能で、字幕をつけたり背景をカスタマイズしたりすることができます。
2022年1月日9までなら、授業の様子の録画をドライブに保存する機能も利用できます。

他にも、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシート 、GoogleスライドやGoogleフォーム、Gmailやカレンダー、簡単なWebサイト制作ができるGoogleサイトや、採点にかかる時間を独自の学習管理システムで短縮できるアサインメント、トピックを共有して話し合うGoogleグループなども利用できます。

Education Fundamentalsの場合はセキュリティセキュリティセンターでの監視やフィッシング・スパムを解決するセキュリティ調査ツールがありませんが、データ損失防止機能や高度な保護機能プログラムなどは備わっているので安心して利用できます。

Education Standard

Education Standardで使用できるアプリケーションの数や内容はEducation Fundamentalsとほとんど変わりません。
ただし、2つの間には管理面で大きな違いがあります。

Education Standardでは、Education Fundamentalsにないセキュリティセンターでの監視やセキュリティ調査ツールが利用できるなどより管理面での機能が充実しています。

料金は設定されておらず、問い合わせる必要がありますが、より安心してGoogle Workspace for Educationを利用したい場合におすすめです。

Teaching and Learning Upgrade

Teaching and Learning Upgradeになると、各アプリケーションを多くの人数で使うことができるようになります。

例えば、Teaching and Learning UpgradeのGoogle Meetは一度のビデオ会議に250人が参加できる上、最大10,000人までライブストリーミングで会議の様子を見ることが可能です。
録画をドライブに保存する機能はEducation FundamentalsやEducation Standardと違い、無期限で使うことができます。
他にもTeaching and Learning UpgradeのGoogle Meetには、出席状況を確認できる機能やノイズキャンセリング機能などが備わっており、かなりオンラインでの授業がやりやすくなります。

また、Classroomやアサインメントで作成できるレポートの数が無制限になるので、生徒ごとにレポートを作ることも可能です。

より多くの機能・レポートが使えることから、ストレージ量が100TBだけでなく、ライセンスに応じて+100GB追加することが可能です。

より機能が充実したTeaching and Learning Upgradeですが、Education Fundamentalsと同じく、セキュリティセンターでの監視やセキュリティ調査ツールは利用できません。

Education Plus

Education PlusはGoogle Workspace for Educationの4つのプランの中でも、最も機能が充実しているプランです。

例えば、GoogleドキュメントやGoogleスプレッドシート 、GoogleスライドやGoogleフォーム、Gmailやカレンダー、Googleサイトやアサインメント、GoogleグループやClassroomなどが使える上、メールから文章、ドライブを包括的に検索できるCloud Searchが利用できます。

また、Education Standardと同じく、管理機能が充実しており、セキュリティセンターでの監視やセキュリティ調査ツールを利用することができます。

まとめ

Googleは教育機関やホームスクール向けにGoogle Workspace for Educationを提供しています。
Google Workspace for Educationは、利用資格があるため、政府に認定された教育機関等でなければ利用できないため、Google Workspace for Educationで用意されているアプリケーションはオンライン授業やホームスクール向けに特化した内容となっています。

導入することで、
●オンラインでの授業がスムーズになる
●セキュリティが万全なのでどんな場所でも活用できる
●組織全体で100TBのストレージが用意されている
●アプリケーションが直感的に使えるのでどんな人でも利用しやすい
といったメリットが得られます。

ぜひ、コロナ禍における授業の進め方に迷っている方は導入してみてはいかがでしょうか。