Google WorkspaceとG suiteは何が違う?それぞれの違いを徹底比較

DISITOR編集部

多くの企業で活用されているGoogleのグループウェア・Google Workspace。
現在ではGoogle Workspaceという名称が浸透しているかと思いますが、以前は「G suite 」というサービス名で提供されていたこともあり、「Google WorkspaceはG suiteと何が異なるのか」と疑問に思っている方も少なくないかと思います。

そこで今回は、G suiteとGoogle Workspaceの違いについて解説します。

G suiteはGoogle Workspaceの前身

もともと、GoogleはG suiteという名称でグループウェアを提供していました。
Gmailをはじめ、Googleドライブ・Googleカレンダー・Google Meet・Google Keep・Google フォームなどのクラウドアプリケーションをまとめて利用したり、独自のドメインを利用したメールアドレスが使用できたりなど、とてもビジネスに役立つサービスだったことから、利用していた企業は多いかと思います。

ただ、世界的にデジタル化が進んだことでコラボレーション機能を強化しなければならなくなったため、日本時間の2020年10月6日、GoogleはG suiteを「Google Workspace」という名称にリブランディングしました。
これによって、サービスのロゴ、各種ツールのアイコン等が変更されてます。

つまり、G suiteはGoogle Workspaceの以前の名称なのです。

Google Workspaceに変更されても大まかなサービス内容に変更はない

グループウェアサービスの名称がG suiteからGoogle Workspaceに変更されたものの、基本的にサービスの内容に変更はありません。
今まで通り、グループウェアサービスに契約していればGoogleのアプリケーションが利用できますし、独自ドメインのメールアドレスも使用できます。

ただ、料金プランやストレージ容量などで変更が生じています。

G suiteとGoogle Workspaceの違い

G suiteとGoogle Workspaceでは、大まかなサービス内容について変わった部分はありませんが、料金プランやストレージ容量など細かい部分で変更があったため、ここでは細かな違いについて解説します。

料金プランの種類

G suiteではG suite Basic・G suite Business・G suite Enterpriseの3つの料金プランしか用意されていませんでしたが、Google Workspaceではより多くの料金プランが用意されています。
Google Workspaceの料金プランは以下の通りです。

●Google Workspace Individual(個人事業主・フリーランス向け)
●Businessエディション(中小企業向け)
Business Starter・Business Standard・Business Plus
●Enterpriseエディション(大企業向け)
Enterprise Essentials・Enterprise Standard・Enterprise Plus

上記のように7つのプランが用意されており、企業規模や利用目的に合わせて適した料金のサービスを利用できるようになっています。

ストレージ容量

G suiteからGoogle Workspaceに変更になったことで、ストレージ容量についても変更があります。

まず、G suiteの場合は1ユーザーあたり〇〇GBとなっていましたが、Google Workspaceでは、1組織にあたり〇〇GBという計算方法になっているプランがあります。
そのため、組織内で活用できるストレージ容量をしっかり把握し、不要なファイル等は削除したり、別の場所に保存したりすることが大切です。

また、プランが変わったことで利用できるストレージ容量そのものも変更されています。

例えば、G Suite Basicでは1ユーザーあたり30GB、G suite Businessでは無制限のストレージが付与されていましたが、Google Workspace Businessエディションのストレージ容量は、Business Starterが1組織につき30GB、Business Standardでは2TB、Business Plusでは5TBとなっています。

G suite Enterpriseについてもストレージ容量は無制限でしたが、Google Workspace Enterpriseエディションのストレージ容量は、Enterprise Essentialsが1組織につき1TB、Enterprise StandardとEnterprise Plusは必要に応じて拡張する形となっています。

利用できるユーザー数

G suiteでは全てのプランにおいて利用できるユーザーの数に制限はありませんでした。
しかし、Google Workspaceに変更になったことで、利用できるユーザー数に制限があるプランができました。

Enterpriseエディションではユーザー数の制限はありませんが、Businessエディションの場合は利用できるのは最大300ユーザーとなっており、300ユーザー以上が利用する場合はEnterpriseエディションを利用することになります。

Gmail・Google Meet・Google Chatの統合

G suiteではGmail・Google Meet・Google Chatはそれぞれ独立したアプリケーションでしたが、Google WorkspaceではGmail・Google Meet・Google Chatの機能が1ヶ所にまとめられています。

AppSheetの追加

Google Workspaceに変更されたことで、利用できるアプリケーションの1つにAppSheetが追加されています。

AppSheetはプログラミングの知識がない人でもアプリを制作できるツールのことで、AppSheetを使って制作したアプリはGoogleの各種サービスと連携したり「AppSheet Automation」を利用して単純な作業を自動化させたりすることができます。

セキュリティの強化

Google WorkspaceのGoogle MeetとGoogle Chatではそれぞれセキュリティが強化されています。

例えば、Google Meetであれば、一度退出させられたユーザーは主催者が許可しない限り入室できないようになっていたり、参加・発言できるユーザーを主催者が制限することが可能です。

Google Chatでは、Gmailのスパムフィルタリング機能が適用されており、送られてきたリンクをクリックした際に悪意のあるリンクかどうかをリアルタイムで確認できるようになっています。

Google WorkspaceはG suiteの強化版

Google WorkspaceとG suiteはサービス内容に大きな違いはありません。
どちらもGoogleが提供しているグループウェアであり、GmailをはじめとしたGoogleの各種アプリケーションが利用できます。

ただ、Google WorkspaceはG suiteがリブランディングされたもので、分かりやすく捉えるのであれば、Google WorkspaceはG suiteの強化版です。

料金プランがG suiteに比べて圧倒的に増えていますし、一部セキュリティが向上しているものもあります。
また、新しく利用できるアプリケーションも増えています。

ぜひ、両者の違いが気になる方は本記事を参考にしてみてください。