IT/Web/マーケティング用語辞典

更新:2020年3月8日

えふてぃーぴー

FTP / エフティーピー

ネットワーク上でファイル等の転送をおこなう通信プロトコルのひとつ

別名
英字

POINTFTP / エフティーピーとは

FTPは「File Transfer Protocol(ファイル転送プロトコル)」の略で、ネットワーク上でファイル等の転送をおこなう通信プロトコルのひとつです。この通信プロトコルというのは「ネットワーク通信をする際の決まり事(約束事)」のことです。つまりFTPとは、ファイルの送受信に関する決まり事(約束事)を指します。
FTPを利用することで「サーバーにアップされたファイルの一覧を見る」「ファイルをサーバーにアップロードしたり、ダウンロードする」などができます。

FTPサーバとFTPクライアントの関係

FTPクライアントとは、TCP/IPネットワークを経由してFTPサーバに接続し、手元のコンピュータとの間でファイルを送受信するアプリケーションソフトのことです。HTMLファイルなどを作成しそれらを転送する側のコンピューターはFTPクライアントと呼ばれ、逆に転送される側のサーバーはFTPサーバーと呼ばれています。つまりFTPサーバとFTPクライアントの関係は受信と送信の違いであると言えます。

※TCP/IPネットワークとは、コンピュータネットワークの種類の一つで、インターネットプロトコル(別名:IP)というプロトコル(約束事/通信規約)によってデータの送受信をおこなうことを指します。

FTPでは何ができるか

FTPを使ってできることは主に3つあります。
①サーバーにアップされたファイルの一覧を確認できる
②ファイルをサーバーにアップロードしたり、ダウンロードしたりできる
③わざわざサーバーの設置場所に行かなくてもサーバーにアクセスできる

FTPの仕組み

FTPにはサーバー側にもクライアント側にも、PIとDTPという専門的なプログラムが含まれています。PIとは「Protocol Interpreter(プロトコル・インタプリタ)」の略で、指示内容をプロトコルにインタプリタ(翻訳)する役割があります。DTPとは「Data Transfer Proccess(データトランスファープロセス)」の略で、実質的なデータ転送プロセスのことです。

ファイル転送にはPIとDTPが不可欠な役割であり、この2つが揃って初めてファイルの転送作業を実現することができます。

FTPサーバ(anonymous)とは

FTPサーバには、anonymous(匿名)タイプのものと、そうでないものの2種類があります。anonymousサーバーは誰もがアクセスできる仕組みのFTPサーバーであり、ファイルの転送も自由におこなうことができます。FTPサーバ(anonymous)は様々な企業や研究期間、官公庁などが設置しており、主に不特定多数へのソフトウェアやデータの公開・配布などのために利用されます。

「FTP / エフティーピー」を調べた人はこの用語も調べています

FTP / エフティーピーの使用例

「このサイトのデータをサーバーにFTP(転送)しておいてくれないか」

FTPとはネットワーク上でファイル等の転送をおこなう通信プロトコルのことですが、転送という意味で使用されることもあります。

「FTPソフトって何を使ってますか」

代表的なFTPソフトには、「FFFTP」「WinSCP」「FileZila」などがあります。

「回線を変えたら、FTPが早くなったよね」

FTPは回線を変えたら通信速度が上がる場合があります。

「セキュリティ機能が高いFTPソフトを教えてください」

セキュリティ機能が最も高いと言われているのが「WinSCP」です。

FTP / エフティーピーに関係した気になる話題

ファイル転送プロトコルの種類

ここではFTP以外の代表的なファイル転送プロトコルを紹介します。
①HTTP(HyperText Transfer Protocol)
HTTPとは、WebサーバとWebクライアントの間でデータの送受信をおこなうために用いられるプロトコルです。各種データファイルのアップロード(HTMLソース、画像など)やダウンロード(プログラムなど)に利用されています。

②SCP(Secure Copy Protocol)
SSH(Secure Shell)の機能を使ってセキュリティの高いファイルの転送をおこなうプロトコルです。SSHは認証部分を含めネットワークの通信すべてが暗号化されているので、安全に通信ができます。

③SFTP(SSH File Transfer Protocol)
SCPと同様に通信全てが暗号化されているので、セキュリティが高いプロトコルです。
SCPとの主な違いは、SCPは転送の再開ができませんが、SFTPは転送を中断しても、途中から再開できます。また、SCPの方がSFTPと比べて通信が高速な特徴があります。

FTPの危険性とは

ファイルを転送する際には便利なFTPですが、セキュリティ上の危険性もあります。
その主な理由として、FTPはSCPやSFTPのように、ネットワークの通信すべてが暗号化されているわけではないので(通信経路が暗号化されていない)、FTPのセキュリティの脆弱性を狙った悪意ある第三者に大切な情報を盗み取られるリスクがあります。


FTP / エフティーピーに関連する記事

この記事がお役に立ちましたら、"いいね!"をお願いします
minweb辞書のIT用語をお届けします